子宮筋腫

症状

症状

子宮筋腫で自覚症状がある人は、子宮筋腫を持っている人の3 割程度で残り
の7 割の人は無症状です。子宮筋腫の症状としては、過多月経や月経困難症、
圧迫症状や下腹部のしこり、不妊症状などがあります。自覚症状が少ないた
めに、健康診断などで貧血であることを指摘されて気がつくこともあります。
子宮筋腫になって最も多く現れる症状が「過多月経」です。過多月経によっ
て出血量が増えて貧血症状が現れます。過多月経は子宮筋腫が子宮内くうを
広げて内膜の面積を広くするために、月経時の血液量が多くなるのです。
また筋腫によって子宮の収縮が妨げられてしまうため、止血力が弱くなり月
経が長引いてしまい結果血液量も多くなるのです。出血量は個人差がありま
す。子宮の収縮が妨げられることで、過度の収縮が起こってひどい月経痛に
なることがあります。
月経量が今までよりも極端に増えたとか、月経の期間が8 日以上続くように
なったとか、月経以外に不正出血があるという場合には過多月経の可能性が
あります。
一般的に月経量の平均としては、1 回の月経量が50ml?100ml となっていま
す。その中でも2 日目、3 日目辺りは月経量が多くなるのが一般的ですが過

多月経だと月経量が多い日が長く続くことがあったり、血の塊が月経血の中
にあったりします。
目安として、ナプキンが1 時間もせずにいっぱいになってしまうとか外出す
るのに支障をきたすような月経が何日も続くことが考えられます。過多月経
かどうか知る方法は、血液検査をして貧血の具合を見て判断するそうです。
自分で見た目に出血量が多いと思っても、貧血になっていなければ過多月経
ではありません。このような症状がでたら、早めに婦人科で診察を受けて治
療について相談したほうがいいと思います。治療と同時に、日常の食生活に
おいても鉄分を積極的に摂取していくことが大切です。
症状