子宮筋腫

更年期との関係

更年期との関係

子宮筋腫は女性ホルモンのエストロゲンに依存して成長していると言われ
ています。生理がきている成熟期の10 代から50 代の女性は、エストロゲン
の分泌が盛んに行われているため筋腫が成長していく可能性があると考え
られています。
ところが更年期を過ぎてくると卵巣の働きが鈍くなってエストロゲンの分
泌が衰えるので、筋腫もそれとともに成長しなくなってくると考えられます。
そのため更年期に近い年齢の人が子宮筋腫を持っている場合には、筋腫の大
きさや症状を見ながらすぐに手術治療をするのではなく経過観察すること
があります。
このときに一時的にエストロゲンを抑制する効果のある投薬治療をして、筋
腫が大きくならないようにして更年期まで待つという治療方法を行うこと
があります。
これを俗に「逃げ込み療法」と言います。更年期まで逃げ込んで筋腫が大き
くならないようにして手術をしないですむようにする考え方です。一般的に
このとき投薬されるのはリュープリンやスプレキュアなどが用いられます。
しかし、薬の使用を終えて、再び生理がくると筋腫は膨大してきて半年くら

いで元の大きさに戻ってしまうことを知っておいてください。子宮筋腫は薬
だけで根治的治療することはできないのです。
更年期の子宮筋腫を経過観察する際、注意しなければならないことがありま
す。MRI や血液検査などで悪性の子宮肉腫ではないことをきちんと確認して
おいてください。
薬物治療を行っているときには通常筋腫は縮小するものですが、薬物治療し
ている間も子宮筋腫が急激に増大する場合には外科的治療をしなければい
けません。閉経後も子宮筋腫が増大する場合には、子宮肉腫の可能性がある
ため注意しなければいけません。
逃げ込み療法で薬物治療をして更年期まで経過観察する場合、長期間薬物を
投与しつづけると骨密度が低下するなど副作用がでてきます。副作用がでな
いように工夫しながら投薬治療を続けていくことが大切です。
更年期との関係